コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ
こにゅうどうくん

トップ > 子育てエンジョイ > ひとり親家庭になったとき >ひとり親家庭・寡婦の相談

ひとり親家庭・寡婦の相談

問い合わせ番号:10010-0000-1260 更新日:2017年 4月 1日

ひとり親家庭・寡婦の方への相談及び自立支援給付・福祉資金の貸付・情報提供等を通じた自立に必要な支援を行っています。

 ■相談時間
午前8時30分~午後5時15分(土曜日・日曜日・祝日、12月29日~1月3日を除く)

自立支援教育訓練給付金

雇用保険制度の指定教育訓練講座など市が指定する講座を受講する方に、受講終了後に本人が支払った費用の一部が支給されます。ただし、支給制限があります。

高等職業訓練促進給付金

看護師、介護福祉士、保育士、理学療法士、歯科衛生士、美容師、調理師等の資格に係る養成期間で1年以上のカリキュラムを修業する場合、修業期間の全期間(上限3年)に「訓練促進給付金」が、またカリキュラムを修了した日以後に「修了支援給付金」が支給されます。ただし、支給制限があります。

ひとり親家庭等日常生活支援事業

母子家庭、父子家庭及び寡婦の方が、一時的に日常生活を営む際に支障が生じたときに、市に登録された家庭生活支援員を派遣する制度です。

母子父子寡婦福祉資金貸付相談

 「ひとり親家庭の母(配偶者のない方で現に20歳未満の児童を扶養している方)」「父母のいない児童」「寡婦」「40歳以上の配偶者のない女子であって母子家庭の母及び寡婦以外の方」の世帯に対し、経済的自立の助成と生活意欲の助長を図るため必要な資金の貸付相談を行っています。ただし、貸付制限や所得制限があります。

このページに関するお問い合わせ先

こども未来部 家庭児童相談室
郵便番号510-0085三重県四日市市諏訪町2番2号(総合会館3F)
電話番号:059-354-8276
FAX番号:059-354-8061

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
情報は役に立ちましたか?