コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ
こにゅうどうくん

トップ > イベントカレンダー > 講座・講演 >ユネスコ無形文化遺産「鳥出神社の鯨船行事」市民講座の開催

トップ > 募集 >ユネスコ無形文化遺産「鳥出神社の鯨船行事」市民講座の開催

ユネスコ無形文化遺産「鳥出神社の鯨船行事」市民講座の開催

問い合わせ番号:14908-3144-9345 更新日:2017年 4月 18日

ユネスコ無形文化遺産「鳥出神社の鯨船行事」を楽しく学ぶ市民講座を開催します

「あなたもユネスコ無形文化遺産」のサポーターになってみませんか!!

社会教育課(TEL354-8240 Fax354-8308 ✉:syakaikyouiku@city.yokkaichi.mie.jp

 鳥出神社の鯨船行事ドローン写真

昨年121日、「鳥出神社の鯨船行事」が全国33件の「山・鉾・屋台行事」の一つとしてユネスコ無形文化遺産に登録されました。この大切な無形文化遺産を少しでも多くの皆様に知っていただき、次世代へつなげていでいくため、全3回の市民講座を実施します。本講座を修了された皆様には、鯨船サポーターとして、行事への参加やお手伝いをしていただこうと考えております。市民以外でもたくさんの皆様のご参加をお待ちしております。

鯨船行事は、四日市市を中心とする北勢地域にのみ分布する陸上で行う模擬捕鯨行事です。全国的にも珍しい民俗行事で、なかでも富田地区に伝えられている「鳥出神社の鯨船行事」は江戸時代後期の創始とみられており、当初からの4艘の豪華な鯨船山車や演技が伝えられており最も典型的な姿を有していることから平成9年に国の重要無形民俗文化財に指定されました。

(1)内容

1 対象者  小学生~大人(それぞれの年代ごとの役割があります)

2 定 員  先着30名程度

3 開催日  (1)528日(日)、(2)625日(日)、(3)723日(日) いずれも14:0015:30

4 開催場所 富田地区市民センター 2階 ホール

5 講 師  加藤正彦氏(富田鯨船保存会・神徳丸保存会会長)

6 講座内容 富田や鯨船の歴史など基本的な行事の流れ、踊り子の演技や太鼓、各役割の話

 など

 (1)    富田と鯨船の歴史

 (2)    鯨船行事の基本構成

 (3)    鯨船行事と伝承文化

7 受講料  無料

8 持ち物  筆記用具

(2)応募期間等

1 519日(金)までに、応募用紙を郵送かファクス、Eメールでまたは、直接社会教育課(市役

 所9階)へ

2 応募用紙は、ホームページから入手していただくか、同課までご連絡ください。

3 駐車場  現地に駐車場はありますが、スペースが限られていますのでできる公共交通機関

 をご利用ください。近鉄富田駅・JR富田駅よりいずれも徒歩5分。

 

ユネスコ無形文化遺産「鳥出神社の鯨船行事」サポーター講座応募用紙  *は記入必須項目

ふりがな*

 

お名前*

小学生の場合は学年をお書きください。  小学   年生

小学生の場合には同伴者のお名前をお書きください

ご住所*

お電話*

 

Fax

Eメールアドレス

          @

「鳥出神社の鯨船行事」がユネスコ無形文化遺産に登録されましたが、ご存知でしたでしょうか。

また、ご応募の動機などについてお聞かせください。

 

 


 


 

関連ファイル

PDFファイルをご覧いただくには、Acrobat Reader DCが必要です。

Acrobat Reader DCをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

教育委員会事務局 社会教育課
三重県四日市市諏訪町1番5号(本庁舎9F)
電話番号:059-354-8238
FAX番号:059-354-8308

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
情報は役に立ちましたか?