コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ
こにゅうどうくん

トップ > 市政全般 > 広報 > 記者発表・会議案内 > 記者発表資料 > 平成29年9月 >平成29年09月13日 記者発表資料 南部丘陵公園「ヤクシカの角切り」のご案内

平成29年09月13日 記者発表資料 南部丘陵公園「ヤクシカの角切り」のご案内

問い合わせ番号:15052-7418-1923 更新日:2017年 9月 28日

平成29年9月13日(水)記者発表資料 南部丘陵公園「ヤクシカの角切り」のご案内

 

 ヤクシカの角切りを行う季節がやってきました。

秋の気配を感じるとシカ達の繁殖の季節になります。南部丘陵公園の小動物園で

飼育しているヤクシカ達にも変化が見られ始め、オスジカは春先から伸びてきた袋角

を剥ぎ、鋭い枝角の準備を始めます。丁度この時期に毎年恒例のヤクシカの角切りを

行います。

                 記

日    時:平成29年9月19日(火) 11時00分から

場    所:南部丘陵公園(南ゾーン)小動物園 ヤクシカ舎

対象動物 :ヤクシカ (偶蹄目 シカ科 ニホンジカ ヤクシカ亜種)   

対象の個体:ナッツ(オス1頭 2010年5月22日生まれ 7歳)

 

<ヤクシカの角について> 

ヤクシカの発情期は秋で、オス同士は交尾権獲得の為に角を用いて激しい闘争を起こします。

そして、飼育係に対しても角を向けて来る事がありますので、大変危険です。

そこで、オス同士の怪我と飼育係の危険防止の為に角切りを行います。

ヤクシカの角は春に角座から脱落し、その後、夏前までの間袋角の状態で成長します。

角は、4~5歳まで年を負う毎に分かれ3又まで分かれます。袋角はビロード状で手触りが良く、

血が通っている為に温かいです。初秋になりますと袋角の成長は止まり、乾燥して表皮だけ

剥けます。この時期にはオスジカが袋角を木や柱に擦りつけて角の表皮を剥ぐ姿が

よく観察されます。袋角の表皮が剥がれた状態を枝角と言い、白い角となって、立派な

オスジカの姿に成ります。(標本をヤクシカ舎前に展示します。)

 


お問い合わせ先

(株)なかよし生き物倶楽部プチZOO

松井 茜

TEL:090-4082-1383

TEL/FAX:057-465-1231

 

都市整備部市街地整備・公園課

多田 海成

TEL:059-354-8197

FAX:059-354-8404
 

このページに関するお問い合わせ先

都市整備部 市街地整備・公園課
三重県四日市市諏訪町1番5号(本庁舎4F)
電話番号:059-354-8200
FAX番号:059-354-8404

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
情報は役に立ちましたか?