コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ
こにゅうどうくん

トップ > 子育てエンジョイ > 手当・医療費助成(給付)を知りたい >子ども医療費の窓口負担無料化(現物給付方式)

トップ > 子育てエンジョイ > ライフステージ > 赤ちゃんが生まれてすぐ >子ども医療費の窓口負担無料化(現物給付方式)

子ども医療費の窓口負担無料化(現物給付方式)

問い合わせ番号:15211-1309-5680 更新日:2018年 3月 29日

    

窓口負担無料化(現物給付方式) (平成30年3月29日現在)  

~平成30年4月から子ども医療費の窓口負担無料化が始まります~

◆ 窓口負担無料化(現物給付方式)とは...

 医療機関等を受診するとき、窓口負担をせず、その場で助成を受けることです。

 

1 対象者

   0~6歳までの子ども(6歳到達年度末まで。ただし、4月1日生まれは前月末日まで)
   ※子ども医療費受給資格を持つ所得制限額内の保護者が監護する子どもに限ります。

 

2 対象の医療機関等

 四日市市内の病院、診療所、薬局、訪問看護ステーション
  ※接骨院や鍼灸院(柔道整復)は現物給付対象外(従来どおり償還払いとなります。)

 

3 対象の医療費

 保険診療の入・通院医療費
   ただし、公費負担制度(小児慢性特定疾病医療費や育成医療等)が適用となる医療費は、現物給付対象外(従来どおり償還払い)となりますので、公費負担制度の受給者証をお持ちの方または申請中の方はご注意ください。

 

4 窓口負担無料を適用するには

 受診時に、必ず子ども医療費受給資格証(現物給付用)(JPG/88KB)を提示してください。
受診する度に提示が必要です。

<入院等の高額な治療を受ける場合>  

 国民健康保険に加入している方は、子ども医療費受給資格証(現物給付用)に加えて、限度額適用認定証の提示も必要です。提示がなければ窓口無料になりません。(従来どおり償還払いとなります。)限度額適用認定証は、加入する国民健康保険の保険者から発行されます。事前にお手続きが必要ですので、詳しくは保険者へお問い合わせください。

 

  四日市市の子ども医療費助成のご案内(1)(チラシ)(Word/1MB)

    四日市市の子ども医療費助成のご案内(2)(チラシ)(Word/999KB)
 

 

このページに関するお問い合わせ先

こども未来部 こども保健福祉課
三重県四日市市諏訪町2番2号(総合会館3F)
電話番号:059-354-8083
FAX番号:059-354-8061

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
情報は役に立ちましたか?