コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ
こにゅうどうくん

トップ > イベントカレンダー >「じんけんフェスタ2019」のご案内(開催案内)

トップ > イベントカレンダー > イベント・祭り >「じんけんフェスタ2019」のご案内(開催案内)

「じんけんフェスタ2019」のご案内(開催案内)

問い合わせ番号:10010-0000-0330 更新日:2019年 11月 12日

「じんけんフェスタ2019」 を開催します

 12月4日から10日は人権週間です。
 すべての人の人権が尊重される社会の実現に向け、広く市民の方に人権について考える機会を提供し、一人ひとりの人権意識高揚を図るために、じんけんフェスタ2019を開催します。

  1. 開催日  令和元(2019)年12月8日(日曜日)
  2. 場所   四日市市文化会館
  3. 主催   四日市市・四日市市教育委員会・北勢人権啓発活動地域ネットワーク協議会

12月8日(日曜日) 【午前】

≪第1ホール≫ こども向けイベント 映画「グリンチ」

  • 時間: 10時~11時35分 (9時30分開場)
  • 内容: いつも不機嫌で孤独なグリンチが巻き起こす大作戦。世代を超えて楽しめる心温まる物語です。 
     グリンチ画像 
    © 2018 Universal Studios. All Rights Reserved.
     

12月8日(日曜日) 【午後】

≪第2ホール≫ 人権週間 記念講演・映画

  • 時間: 午後1時~4時 ( 午後0時30分開場 ) 

 1981年の「国際障害者年」を契機に、どのような障害があっても共に地域で暮らすというノーマライゼーションの考え方が広まりました。 「障害」は、病気や外傷などから生じる個人的なことではなく、日常生活や社会生活を営む上で壁となるような事物、制度、慣行、観念など社会的な障壁によって生じる問題だと考えられるようになったのです。
 すべての人が、元々持っている自分らしさを大事にすること、地域社会で生活したり社会参加したりすることについて、考えてみましょう

講演 「陽だまりを求めて」 

  • 講師: 夢織り猫の会 やまぐち さよ さん
     

内容: 介護保険や障害者の在宅支援が全くない1980年ごろから自力で介助ボランティアを募り、四日市市で一人暮らしを実現してきた先駆者、山口さよさんのお話です。

講演者やまぐちさよさん画像
 

映画 「こんな夜更けにバナナかよ~愛しき実話~」

  • 内容: 難病(筋ジストロフィー)の主人公 鹿野靖明さんは、自ら集めた大勢のボランティアと共に地域で自立生活を送りました。自由に生きる鹿野さんと出会い、変わっていく人々の人生を描いた、笑いあり涙ありの実話に基づく映画です。

映画案内画像 
© 2018 「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」製作委員会

 

≪第3・4ホール、展示棟≫

 中学生人権作文優秀作品表彰式・朗読会、人権ポスター表彰式、体験コーナーや福祉団体による物品の販売、人権に関するさまざまな団体の展示などがあります。 
 クイズラリーやもちつきなど、さまざまなイベント用意しています。ぜひ、皆さんお越しください。
 詳しい内容は、関連情報のチラシをご覧ください。

関連ファイル

PDFファイルをご覧いただくには、Acrobat Reader DCが必要です。

Acrobat Reader DCをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

総務部 人権センター
三重県四日市市諏訪町2番2号(総合会館7F)
電話番号:059-354-8609
FAX番号:059-354-8611

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
情報は役に立ちましたか?