コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ
こにゅうどうくん

トップ > 事業者の方へ > 福祉 > 介護保険・高齢者福祉 >社会福祉施設等におけるアスベスト使用実態調査

社会福祉施設等におけるアスベスト使用実態調査

問い合わせ番号:15443-9903-8284 更新日:2019年 4月 16日

社会福祉施設等における吹付けアスベスト(石綿)等およびアスベスト(石綿)含有保温材等使用実態調査のフォローアップ調査について


 厚生労働省老健局長より、平成28年度に実施した「社会福祉施設等における吹付けアスベスト(石綿)等およびアスベスト(石綿)含有保温材等使用実態調査」のフォローアップ調査の実施について依頼がありましたので、下記により施設の状況について調査を実施し、介護・高齢福祉課へご回答をお願いいたします。

  1. 調査対象施設
    • 認知症対応型通所介護
    • 基準該当短期入所施設
    • 認知症高齢者グループホーム
    • 小規模多機能型居宅介護事業所
    • 看護小規模多機能型居宅介護事業所
    • 地域密着型特別養護老人ホーム
    • 定期巡回・随時対応型訪問介護看護事業所
    • 老人介護支援センター(在宅介護支援センター)
    • 地域包括支援センター
  2. 調査対象建築物等
    平成18年9月1日以降に新築の工事に着手した建築物を除く全ての建築物その他の工作物
     注:上記のうち、平成28年12月調査時に様式1-1において「ア:アスベストが利用されていないことが明らか」または「イ:アスベストの利用が判明したが、除去等の措置を実施」と回答済みの建築物等については、今回のフォローアップ調査の対象外といたします。
     
  3. 調査時点  平成30年12月1日(土)
     
  4. 調査内容
    (別添)「社会福祉施設等における吹付けアスベスト(石綿)等およびアスベスト(石綿)含有保温材等使用実態調査実施要領」による
     
  5. 提出書類
    • (様式1)社会福祉施設等におけるアスベスト使用実態調査に伴う対象施設確認票・・・【全施設より提出】

      注:平成18年8月31日以前に新築の工事に着手した建物その他の工作物(建築物等)が有りの場合
    • (様式1-1)社会福祉施設等における吹付けアスベスト等およびアスベスト含有保温材等使用実態調査票(施設個表)・・・【該当施設のみ提出】

      注:「ばく露のおそれのある施設」に該当した場合
    • (様式1-2)社会福祉施設等におけるアスベスト使用実態調査に係るばく露のおそれのある施設調査表(施設個表)・・・【該当施設のみ提出】
       
  6. 提出方法・提出先
    郵送またはファクスで下記までお願いします。
    〒510-8601 四日市市諏訪町1番5号
    四日市市 介護・高齢福祉課あて
    電話:059-354-8425
    ファクス:059-354-8280
     
  7. 提出期限 平成31年1月9日(水)
     
  8. その他
    別添「社会福祉施設等における吹付けアスベスト(石綿)等およびアスベスト(石綿)含有保温材等使用実態調査実施要領」の5頁 7.調査表の作成要領 (1)「施設個表」についての文中に「調査対象施設(調査対象建築物等を有する施設)が有する建築物等に、調査対象建材が使用されているかを調査し、調査対象施設ごとに作成すること。」とありますが、調査対象施設が使用する建築物等が対象となります。
    賃借等で建物等の使用者と所有者が異なる場合でも、調査対象となりますので、調査漏れのないようご留意ください。
     
  9. 掲載資料

このページに関するお問い合わせ先

健康福祉部 介護保険課
三重県四日市市諏訪町1番5号(本庁舎3F)
電話番号:059-354-8190
FAX番号:059-354-8280

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
情報は役に立ちましたか?