コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ
こにゅうどうくん

トップ > 市民の方へ > 安心安全 > 消費生活相談 > 新着情報 >最初に1万円程度の情報商材を購入させ、その後著しく高額な情報商材を購入させる事業者にご注意ください

最初に1万円程度の情報商材を購入させ、その後著しく高額な情報商材を購入させる事業者にご注意ください

問い合わせ番号:15849-6134-6703 更新日:2020年 3月 25日

 副業ビジネスを紹介するLINEメッセージなどをきっかけに、最初に1万円程度を支払ってビジネスに参加した後、執拗な電話勧誘を断り切れず、高額な情報商材を購入させられたという相談が全国の消費生活センターに数多く寄せられています。

 消費者庁の調査によると、株式会社アース、株式会社インサイト、株式会社ウインズの3社とミライズ株式会社が共同し、消費者の利益を不当に害する恐れのある行為を行っていたことが確認されました。

詳しくはこちらをご覧ください(消費者庁公表資料)(PDF/720KB)

 

1.事例の概要

 3社はそれぞれおもてなしビジネス、音読ビジネス、ペたペたビジネスと称する副業ビジネスを提供しており、簡単にお金を稼げるかのように広告宣伝していました。そして、9,800円を支払いビジネスに参加した消費者に対し、電話勧誘によりさらに高額な情報商材を執拗に勧め、代金を支払わせていました。しかし、実際には広告されていたような簡単に稼げる内容ではなく、利益を上げた消費者は存在しませんでした。

 

2.アドバイス

 誰でも簡単に稼げるといったもうけ話は安易に信用せず、まず、友人や知人に相談するなどして、悪質事業者による情報商材の販売に巻き込まれないよう気を付けましょう。

 

3.お問い合わせ先

 消費者ホットライン188

 全国共通のホットラインです。局番はありません。3ケタの番号「188」を押して発信していただくと、自動アナウンスが流れます。アナウンスに従って郵便番号を押していただくと、お近くのご相談できる窓口におつなぎします。

このページに関するお問い合わせ先

市民文化部 市民生活課 市民・消費生活相談室
三重県四日市市諏訪町1番5号(本庁舎1F)
電話番号:059-354-8147
FAX番号:059-354-8452

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
情報は役に立ちましたか?