コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ
こにゅうどうくん

トップ > イベントカレンダー >市制123周年記念イベント 市指定文化財『旧四郷村役場』の魅力~特別編~の開催について

トップ > イベントカレンダー > イベント・祭り >市制123周年記念イベント 市指定文化財『旧四郷村役場』の魅力~特別編~の開催について

市制123周年記念イベント 市指定文化財『旧四郷村役場』の魅力~特別編~の開催について

問い合わせ番号:15976-3887-8041 更新日:2020年 9月 4日

市制123周年記念イベント

大正ロマンを感じながら、

市指定文化財「旧四郷村役場」の魅力を学んでみませんか?

旧四郷村役場

概要

  市制施行123周年を機に、市指定文化財「旧四郷村役場」建設当時の大正時代に関するさまざまなイベントを体験していただくとともに、旧四郷村役場の文化財的価値について解説します。また、四日市市の近代産業発祥の地として栄えた四郷の歴史を伝えるパネル展示を実施します。

期日

 令和2年10月25日(日)13:30~16:00 小雨実施

会場

 旧四郷村役場(四郷郷土資料館)

内容

(1)大正時代の着物着付け体験(事前申込み:13:30~(3人)、14:30~(3人))
 市指定文化財「旧四郷村役場」は、四日市の産業や教育に尽力した伊藤伝七の寄付により大正10年に建築されたものです。「旧四郷村役場」建設当時の大正時代の着物を着て、大正ロマンを感じてみませんか?
 

(2)コスプレイヤーを歓迎(大正時代風)
 最近は、大正時代を舞台にした漫画や映画が人気。大正時代風の仮装をして来ていただいた方には、特製和菓子(アマビエ)をご提供します(大正時代風仮装のみ。先着10人)。
 

(3)市指定文化財「旧四郷村役場」の解説(1回目:14:00~、2回目15:00~)
 市指定文化財「旧四郷村役場」の”文化財的価値”について解説します。外観だけではわからない魅力について知っていただけるかも。
 

(4)四郷を主としたパネル展示
 四郷は、かつて醸造、製茶、製糸業に栄え、四日市市の近代産業発祥の地とも呼ばれています。「旧四郷村役場」は、そのシンボル的な存在として四郷とともに歴史を歩んできました。その四郷の歴史をパネル展示でご紹介します。
 

(5)お茶・茶菓子の配布(先着50人)
 お茶席を設置し、お茶と茶菓子をご提供します。一服しながら、歴史を感じてみませんか?

申込みについて

 大正時代の着物着付け体験には、事前の申込みが必要です。体験希望の方は、下記の要領で申込んでください(申込み多数の場合は抽選)。


【申込人数】 1回目:13:30~(3人)、2回目:14:30~(3人)


【申込方法】 10月7日(水)までに、必要事項((1)名前(2)年齢(3)性別(4)連絡先(5)希望時間)を記入の上、メール、FAX、郵便、または直接社会教育・文化財課(市役所9階)へ申込む(電話での申込みは不可)。

その他

【参加費】  無料

【注意事項】
(1)大正時代の着物着付け体験
  ・事前申込み制です
  ・着物の柄をお選びいただくことができません
  ・髪飾り等の装飾品はありません
(2)コスプレイヤーを歓迎
  ・「旧四郷村役場」建設当時の大正時代風衣装を対象としていますので、衣装によっては提供をお断りする場合があります。
(3)お茶・茶菓子の配布
  ・先着50人です
(4)その他
  ・駐車場はありませんので、公共交通機関をご利用ください
  ・新型コロナウイルス感染防止のため、マスク着用、手指の消毒にご協力ください

【問合わせ先】

 四日市市教育委員会社会教育・文化財課  担当 山根 良公

 電話 059-354-8240 Fax 059-354-8308

 市政123周年記念イベントポスター

このページに関するお問い合わせ先

教育委員会事務局 社会教育・文化財課
三重県四日市市諏訪町1番5号(本庁舎9F)
電話番号:059-354-8238
FAX番号:059-354-8308

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
情報は役に立ちましたか?