コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ
こにゅうどうくん

トップ > 市民の方へ > 安心安全 > 新型コロナウイルス感染症関連情報 >新型コロナウイルス感染症のワクチン【集団】接種手続き・予約について

新型コロナウイルス感染症のワクチン【集団】接種手続き・予約について

問い合わせ番号:16212-3429-1492 更新日:2022年 1月 10日

 

 ワクチン接種予約最新情報(令和4年1月10日 10時00分現在)

 

1・2回目集団接種予約(ファイザー社製)について

※1・2回目がセットとなる集団接種は終了いたしました。

WEB利用停止について

1・2回目がセットになる集団接種が終わることに伴い、ワクチン接種予約サイトの利用を停止しました。

  • 1・2回目接種については、個別医療機関でご案内中です。詳細はこちら
  • 3回目接種についての詳細はこちら

 

集団接種会場の予約に関する情報 

四日市市では令和3年5月27日から集団接種を開始しました。

  1. 接種までの流れ
  2. 予約方法
  3. 予約キャンセル、予約サイトのパスワード解除の専用電話(コールセンター)
  4. 集団接種会場
  5. 接種当日の注意事項
  6. 接種後の注意事項
  7. 新型コロナワクチンに関する相談先
  8. 気象情報に伴う集団接種の中止に関する考え方

なお、お近くの病院や診療所等で実施する個別接種についても、5月24日(月)から準備のできた医療機関から受付を開始しました。(詳しくは「新型コロナウイルス感染症のワクチン【個別】接種手続き・予約について」のページへ)

 

接種までの流れ

(1)クーポン券(接種券)と予診票が届く (2)予約 (3)予診票の記入[(4)かかりつけ医に相談]

 

(1)クーポン券(接種券)が届く

住民票所在地へクーポン券(接種券)を発送します。
予約および接種には接種券が必要です。大切に保管してください。

注:他市から転入した人は、接種券発行の手続きが必要です。「手続き方法についてはこちら」をご確認ください。

同封書類
  • クーポン券(接種券)
    注:接種券は台紙からはがさず、そのまま会場にお持ちください。
  • 予診票
  • ワクチン説明書(ファイザー社)
  • 接種のお知らせ
接種券を紛失したときは

新型コロナワクチンの各種届出ページ内の接種券の再発行申請についてをご確認ください

 

(2)予約

コールセンターおよびWEBサイトで集団接種の予約を受け付けます。 
クーポン券(接種券)が届いた人は内容を確認し、予約してください。
注:ワクチンの接種を受けるためには、事前の予約が必要です。 

 

(3)予診票の記入

同封されている書類をよく読み、予診票を記入してください。
!インクが消せるボールペンや鉛筆は使用しないでください。

 

(4)かかりつけ医へ相談

何らかの病気にかかって、治療(投薬など)を受けている人は、かかりつけ医に相談し、予防接種を受けてよいか必ず確認してください。

 

予約方法

1回目と2回目の予約を同時に受け付けています。片方のみの予約やキャンセルができませんので、以下の項目に注意してください。

  • 1回目を予約するとファイザー社製ワクチン取扱会場は3週間後、武田/モデルナ社製ワクチン取扱会場(イオンタウン泊店の一部の枠)は4週間後に2回目が自動的に予約されます。
  • 1回目の接種前に1回目をキャンセルすると、2回目も自動的にキャンセルされます。
    注:当日キャンセルおよび当日予診のみの場合も2回目は自動的にキャンセルとなります。
  • 1回目接種後に、WEB上で2回目のみのキャンセルはできないため、やむを得ず2回目をキャンセルする必要がある場合は、コールセンターへお電話ください。

注:集団接種は、接種日の前日の17時が締め切りとなります。
(例)10月2日(土)接種の予約は、10月1日(金)の17時が締め切り
 

電話(コールセンター)で予約する

☎ 059-327-5990
[受付時間:平日 8時30分~19時00分/土日祝日 8時30分~17時15分]

電話がつながりにくい場合は、しばらくたってからおかけ直しいただくなど、ご理解とご協力をお願いします。
ご迷惑をおかけしますが、ご了承ください。

注:現在、コールセンターへのお掛け間違いにより、市民の方へご迷惑をおかけする事態が多く発生しています。お電話番号をよくお確かめのうえ、お掛け間違いのないようお願いします。

電話がつながらない場合には、自動音声案内のアナウンスが流れます。

<四日市市コールセンターにおける自動音声案内の場合>

「四日市市新型コロナウイルスワクチン接種コールセンターでございます。
誠に申し訳ございませんが、ただいまお電話が大変混み合っており、お繋ぎすることができません。
恐れ入りますが、しばらくたってからおかけ直しいただきますようお願いいたします。
お電話ありがとうございました。」

自動音声案内につながった人は予約できていません。
電話での予約は、コールセンターのみ可能です。

   
耳や言葉が不自由な人はファクスでお問い合わせください。
FAX番号:059-327-5905

!予約はコールセンターとWEBでのみ受け付けます。その他機関への問合せはお控えください。

 

WEBサイトから予約する

新型コロナワクチン接種予約サイトへのリンク

注:初回ログイン時のパスワードは生年月日(西暦)ですが、パスワードを入力していただく必要があります。パスワードはお忘れがないようご注意ください(キャンセル時等に必要です)。


ワクチン接種のウェブ予約方法マニュアル(PDF/1MB)

予約サイトは以下のブラウザに対応しております。

PCの場合
・Edge 最新バージョン
・Google Chrome 最新バージョン
・Safari 最新バージョン
注:「Internet Explorer」では正常に動作しない可能性がございます。

スマホの場合
・Google Chrome 最新バージョン
・Safari 最新バージョン

 

予約キャンセル、予約サイトのパスワード解除の専用電話(コールセンター)

予約キャンセル・予約サイトのパスワード解除の専用電話(コールセンター)を令和3年5月27日から開設しています。

電話番号:059-354-8142
[受付時間:平日8時30分~17時15分]

 

集団接種会場

集団接種会場

集団接種会場

イオンタウン四日市泊会場

接種場所は、2階 特設会場(フードコートとニトリデコホームの間)です。

その他注意事項

!中消防署中央分署に東(尾平方面)からお越しの際は中央分離帯の切れ目から右折で進入できません。また、駐車場東側の出入口からは入れません(出口専用)。

 

接種当日の注意事項

当日の持ち物

!忘れると接種できませんので、必ずお持ちください

  1. クーポン券(接種券)
  2. 記入済の予診票
  3. 本人確認書類(マイナンバーカード、運転免許証、健康保険証 など)

注:お薬手帳をお持ちの人は、あわせて持参してください

注意事項

  • 各会場へは車でお越しいただけますが、駐車台数が限られますので、公共交通等のご利用にご協力をお願いします。
  • 路上駐車はご遠慮ください。
  • 発熱(37.5℃以上)や喉の痛みなどの症状がある場合は、接種を受けることができません。
  • 当日、来場できない場合は、予約キャンセル・予約サイトパスワード解除の専用電話 (☎059-354-8142)まで必ずご連絡ください。
  • 接種会場はマスクの着用など、感染予防対策にご協力ください。
  • 接種当日は、予約時間を厳守し、肩を出しやすい服装でお越しください
    注:上腕の三角筋に注射します。
    接種会場には原則、囲いなどの仕切りがありませんので、ランニングシャツやTシャツなどを下に着てお越しください。
    上に服を羽織る場合は、脱ぎやすい前開きの服にしてください。

 

接種後の注意事項

  • ワクチン接種を受けた後は、接種会場にて15分以上座って様子を観察します。
  • 過去に、アナフィラキシーを含む重いアレルギー症状を起こしたことがある人や、
    採血等で気分が悪くなったり、失神等を起こしたりしたことがある人は、30分ほど様子を観察します。
  • ファイザーワクチン接種後説明文(PDF/645KB)   武田/モデルナワクチン接種後の注意事項(PDF/510KB)

 

新型コロナワクチンに関する相談先

みえ新型コロナウイルスワクチン接種 ホットライン

電話番号:059-224-2825
[受付時間:9時00分~21時00分(土・日・祝日も対応)]

注:電話での相談が難しい場合は、メール(vaccine@pref.mie.lg.jp)またはFAX(059-224-2344)でご相談ください。

夜間窓口

電話番号:050-3185-7947
[受付時間:21時00分~翌9時00分(土・日・祝日も対応)] 

注:AI音声技術を活用した自動応答電話窓口です。

新型コロナウイルスワクチン副反応相談窓口

電話番号:059-224-3326
[受付時間]24時間対応(夜間、土曜日、日曜日、祝日を含む)

相談内容:新型コロナウイルスワクチン接種前後に関する副反応の質問や相談

注:診療等の医療行為ではなく、専門的な相談を行う窓口です。副反応に関する内容以外のお問い合わせはご遠慮ください。

 

気象情報に伴う集団接種の中止に関する考え方

気象情報(暴風警報または特別警報)が発表された場合には、集団接種会場におけるワクチン接種を中止します。

その他、気象状況、災害や感染症の拡大等の状況に応じて、利用者の安全確保のため、当該地域の実情を判断し、実施の中止をする場合があります。

中止による接種日の変更については、個別にご連絡します。

集団接種会場におけるワクチン接種を中止する場合は、次のとおりとします。

  1. 暴風警報または特別警報が発表されたときは、その時刻をもって集団接種会場におけるワクチン接種を中止します。(ただし、終了時間間際については、この限りではありません。)
  2. 午前6時までに暴風警報または特別警報が解除されていないときは、午前の集団接種会場におけるワクチン接種を中止します。
  3. 午前10時までに暴風警報または特別警報が解除されていないときは、午後の集団接種会場におけるワクチン接種を中止します。
  4. その他災害・感染症の拡大等のため事業を実施することが適当でないと認められるとき、中止について協議し決定します。

  

余剰ワクチン接種について

各集団接種会場で余剰ワクチンが生じた場合に、ワクチンの有効利用の観点から、あらかじめ接種対象者を特定しておき、対応できるよう準備しておく必要があるため、本市としては、下記の考え方で対応をしていくこととする。

(1)接種対象者選定の考え方
集団接種会場でワクチンに余剰が生じた際、余剰ワクチンを接種する対象については、A:接種の必要性、B:接種への即応性(融通性)の両面を満たす必要がある。
Bについては、個人の特定が容易で、即座に会場に参集する必要がある、2回目の接種日時や接種会場について、臨機応変な対応が可能であること、を考慮し、市内在住の市職員等を候補とし、さらにAの観点を考慮し、市職員等のうちクラスター対策の観点から小中学校・幼保こども園の職員、ライフライン(水道業務)に携わる者とする。

(2)接種対象者
対象候補者を現時点でリスト化し、必要に応じて参集することを依頼している。(当面のリストであり、状況に応じて拡充していく。)

  • 保育園・幼稚園・こども園職員
  • 教職員 
  • 上下水道局職員
    水源管理センターなど、水道管理に直接携わる職員
  • ごみ収集作業等に従事する職員
  • 窓口業務等で、市民と直接対応する業務に携わる職員

注:上記各対象者についての優先順位は同等ですが、優先者の接種後、さらに接種会場で余剰が生じた場合は、その会場において従事している市役所職員も接種対象者とする。

 

 

このページに関するお問い合わせ先

政策推進部 新型コロナウイルス感染症対策室
電話番号:059-327-5990

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
情報は役に立ちましたか?