コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ
こにゅうどうくん

新型コロナワクチン 4回目接種について

問い合わせ番号:16524-2808-3449 更新日:2022年 8月 19日

4回目接種の概要

 新型コロナウイルス感染症に対する重症化予防を目的としてワクチンの4回目接種を実施いたします。

接種対象者

 3回目接種を完了した日から5か月以上経過した人のうち、

  1. 60歳以上の人
  2. 18歳以上60歳未満で基礎疾患を有する人その他重症化リスクが高いと医師が認める人並びに医療従事者等及び高齢者施設等の従事者

 基礎疾患を有する人とは(リンク)

努力義務の適用除外(18歳から59歳までの人)

 「努力義務」とは、感染症の発生やまん延を予防するために「接種を受けるよう努めなければならない」という予防接種法の規定です。

 現時点で、新型コロナワクチンの4回目接種では、18歳から59歳までの人に努力義務は適用されず、努力義務の適用については、最新の科学的知見を踏まえて国が引き続き検討することになっています。

 ワクチンを接種するメリットとデメリットについて考え、主治医とご相談のうえ接種を受けるか受けないか判断してください。

 なお、60歳以上の人には努力義務が適用されていますが、「努力義務」は「義務」とは異なります。接種は強制ではありません。接種を受ける本人が納得したうえで接種を受けてください。

 新型コロナワクチンの副反応や有効性・安全性については、下記リンク先の厚生労働省ウェブサイトをご確認ください。

接種時期

 令和4年9月30日まで(予定)

使用するワクチン

  • ファイザー社製ワクチン
  • モデルナ社製ワクチン

接種券について

60歳以上の人

 3回目接種日から5か月経過した日以降に手元に届くよう順次発送予定

 6月中旬以降に接種券の発送を開始します。

 注:一部の医療従事者と高齢者施設入所者等は除く

18歳以上60歳未満の人

 18歳以上60歳未満で基礎疾患を有する人その他重症化リスクが高いと医師が認める人並びに医療従事者等及び高齢者施設等の従事者で接種を希望する人は、接種券の発行申請が必要です。

 接種方法

  • 個別接種(かかりつけ医などの医療機関)

   個別接種実施医療機関一覧(令和4年8月19日時点)(PDF/671KB)

 

基礎疾患を有する人の範囲

以下の病気や状態で通院/入院している人

  • 慢性の呼吸器の病気
  • 慢性の心臓病(高血圧を含む)
  • 慢性の腎臓病
  • 慢性の肝臓病(肝硬変等)
  • インスリンや飲み薬で治療中の糖尿病または他の病気を併発している糖尿病
  • 血液の病気(ただし、鉄欠乏症貧血を除く)
  • 免疫の機能が低下する病気(治療中の悪性腫瘍を含む)
  • ステロイドなど、免疫の機能を低下させる治療を受けている
  • 免疫の異常に伴う神経疾患や神経筋疾患
  • 神経疾患や神経筋疾患が原因で身体の機能が衰えた状態(呼吸障害等)
  • 染色体異常
  • 重症心身障害(重度の肢体不自由と重度の知的障害とが重複した状態)
  • 睡眠時無呼吸症候群
  • 重い精神疾患(精神疾患の治療のため入院している、精神障害者保険福祉手帳を所持している、または自立支援施設医療(精神通院医療)で「重度かつ継続」に該当する場合)や知的障害(療育手帳を所持している場合)

BMIが30以上の人

 

基礎疾患を有する人の範囲について(多言語対応版)

 接種を受ける際の同意

 新型コロナワクチンの接種は、強制ではありません。

 接種を受ける人の同意がある場合に限り接種がおこなわれます。

 職場や周りの人などに接種を強制したり、接種を受けていない人に差別的な扱いをすることがないようお願いします。

このページに関するお問い合わせ先

政策推進部 新型コロナウイルス感染症対策室
電話番号:059-327-5990

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
情報は役に立ちましたか?