コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ
四日市STYLE

四日市 まちづくり

全国屈指の産業都市として

そらんぽ四日市:外観

古くは東海道の宿場町として栄えてきた四日市ですが、明治時代に四日市港が開港すると、紡績や製紙などの繊維産業を中心に、さまざまな近代産業が立地しました。
戦後、昭和30年代に臨海部に日本屈指の規模を誇る石油コンビナートが形成され、わが国の経済発展を支える産業都市へと発展を遂げました。

最先端の部材から身近な製品まで

多様な産業の集積により、本市では最先端の部材から身近な製品まで、さまざまなものが日々生み出されています。
また、優れた技術を持った中小企業も本市のものづくりを支えています。

  • 画_像

    半導体

  • 画_像

    自動販売機

  • 画_像

    海外でも高い需要を誇る
    金属製品の製造ライン

子育て・教育

そらんぽ四日市:外観

子どもと子育てにやさしいまち四日市

四日市市では、妊娠から出産、そして乳幼児から青少年に至るまで、途切れのない施策の展開を図るため、「こども未来部」を設置しています。母子保健と子育てに関する悩みや子どもの発達に関する相談窓口との一体的な取り組みを行い、子育て家庭に対する支援の強化に努めるほか、産前・産後サポートや、中学生までの医療費助成など、子ども・子育て支援のより一層の充実を図ることで、「子どもと子育てにやさしいまち」を目指しています。

  • 画_像

    父親の子育てマイスター養成講座

  • 画_像

    育児相談

  • 画_像

    親子支援事業「パンダひろば」

心豊かなよっかいち人を育むまちを目指して

基礎学力の定着と学校生活への適応に向け、四日市市独自の取り組みとして、「小・中学校1年生における30人学級(下限なし)」を実施しています。また、不登校やいじめなど、多様化する子どもの課題に専門的に対応するためのスクールカウンセラーの市内全小・中学校への配置、ICT環境(電子黒板など)の整備、空調設備の計画的な設置など、子どもを取り巻く教育環境の充実を図っています。

  • 画_像

    電子黒板を用いた授業

  • 画_像

    英語指導員が参加する授業

  • 画_像

    中学校の教員による
    小学校への乗り入れ授業

健康・福祉

そらんぽ四日市:外観

健康福祉への取り組み

高齢者とその家族が相談できる窓口として、市内26カ所に「在宅介護支援センター」を設置するとともに、認知症などに対応するための「地域包括支援センター」を市内3カ所に設け、専門家を配置しています。
このほか、病院や老人保健施設などの充実、訪問看護師の養成など、子どもから大人まで元気で暮らせるまちを目指し、取り組みを進めています。

  • 画_像

    市立四日市病院

  • 画_像

    地域でお達者クラブ

  • 画_像

    訪問看護師の養成講座

文化・スポーツ

そらんぽ四日市:外観

四日市の文化力を全国に発信

「家族」と「絆」がテーマのユニークな「全国ファミリー音楽コンクール」は、四日市の文化力を全国に発信するイベントとして着実に知名度も向上し、年々盛り上がりを見せています。他にも、郷土が誇る芸能大会、ジャズフェスティバルなど、さまざまなイベントが開催され、文化の振興、文化力の発信が図られています。

  • 画_像

    全国ファミリー音楽コンクール
    in よっかいち

  • 画_像

    郷土が誇る芸能大会

  • 画_像

    四日市JAZZ FESTIVAL

国体に向けて施設を整備

平成33年に、三重県で第76回国民体育大会(三重とこわか国体)が開催されます。
四日市市でも8種目の競技が開催されることが決まっており、新たな体育館やサッカー場、テニスコート、野球場などの施設整備をはじめ、準備を進めている所です。国体などの大きな大会が行われることで、選手の育成はもちろん、全国からの選手受け入れや全国レベルの競技観戦など、さまざまな面からスポーツ振興につながることが期待されます。

  • 画_像

    四日市ドーム

  • 画_像

    霞ヶ浦緑地テニスコート
    (イメージパース)

  • 画_像

    中央緑地体育館
    (イメージパース)