コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ
こにゅうどうくん

トップ > 市民の方へ > 税金 > 固定資産税・都市計画税 > よくある質問 >Q11.所有者が死亡した場合の固定資産税は、どうなりますか?

Q11.所有者が死亡した場合の固定資産税は、どうなりますか?

問い合わせ番号:10010-0000-0729 更新日:2017年 4月 1日

A.今年度分については、相続人の方がそのままお支払いください。固定資産税の納税義務者が死亡した場合は、通常、法務局で所有権移転登記(相続登記)の手続きをしていただくことになります。この相続登記を今年中に済ませたときは、来年度から、その登記名義人(所有者)に課税されます。また、相続登記が済むまでの間は、相続人の中から納税通知書その他の賦課徴収に関する書類を受け取っていただく代表者を届出していただく必要があります。市内の方につきましては、後日「代表相続人指定届出書」をお送りしますので、届出してください。

市外の方については、「代表相続人定届用紙」にご記入の上、資産税課へ提出してください。なお、この届出は相続登記や税務署の相続税とは関係ありません。

このページに関するお問い合わせ先

財政経営部 資産税課
三重県四日市市諏訪町1番5号(本庁舎2F)
電話番号:059-354-8134
FAX番号:059-354-8309

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
情報は役に立ちましたか?