コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ
こにゅうどうくん

トップ > 市民の方へ > 住民票・戸籍など > お知らせ >本人通知制度について

本人通知制度について

問い合わせ番号:10010-0000-0780 更新日:2017年 4月 1日

「四日市市住民票の写し等の交付に係る本人通知制度」を平成26年2月3日から実施します。

制度概要

 事前に登録した方に対して、その本人の住民票の写しや戸籍謄本・抄本などの証明書を本人の代理人や第三者に交付した場合に、その事実を登録者本人にお知らせする制度です。

制度の目的

 本人通知をすることにより、不正請求の早期発見、事実関係の早期究明が可能になります。また、制度の導入により、不正請求が発覚する可能性が高まることから、不正請求を抑止する効果が期待されます。
 

本人通知
 

登録できる方

  • 本市に住民登録がある方(過去にあった方)
  • 本市に本籍がある方(過去にあった方)

■ 対象となる証明書

  • 本市にある住民票の写し(除住民票を含む)
  • 本市にある戸籍謄抄本(除籍・改製原戸籍を含む)
  • 本市にある戸籍の附票の写し(除附票を含む・磁気ディスクをもって調製される以前の改製除票除く)

登録期間

登録した日から3年間

 引き続き登録を希望される方は、登録期間満了日の1ヶ月前から登録の更新ができます。(登録者あてに更新手続について通知します。) 

登録手続き

 登録を希望する方は、本人確認書類(運転免許証・パスポート・住民基本台帳カードなど)を持参の上、市民課(四日市市役所1階)にて手続をしていただきます。
 なお、更新については、最寄りの地区市民センター(中部地区を除く)、楠総合支所、市民窓口サービスセンターでもお預かりします。

通知の内容

  1. 交付年月日
  2. 交付した証明書の種別(住民票の写し等)
  3.  交付枚数
  4. 交付請求者の種別【代理人・第三者(個人・法人・八業士)】
    注:交付請求者の氏名・住所等の個人情報は通知しません。 

本人通知の対象とならないもの

  1.  本人、同一世帯の方からの住民票の写しの請求
  2.  本人、同じ戸籍に記載されている方及びその直系の尊属卑属からの戸籍の写しの請求
  3.  国または地方公共団体の機関からの請求
  4. 弁護士・司法書士等の特定事務受任者が、裁判・訴訟手続・紛争処理についての代理業務に使用するための請求 

個人情報の開示請求

 住民票の写し等を交付した内容については、四日市市個人情報保護条例に基づき、本人が開示請求を行うことができます。

関連ファイル

PDFファイルをご覧いただくには、Acrobat Reader DCが必要です。

Acrobat Reader DCをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

市民文化部 市民課
三重県四日市市諏訪町1番5号(本庁舎1F)
電話番号:059-354-8152
FAX番号:059-359-0284

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
情報は役に立ちましたか?