コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ
こにゅうどうくん

トップ > 市民の方へ > 安心安全 > 消費生活相談 > 消費生活豆知識 > 消費生活トラブル情報 > 平成27年度 >最終通告!?身に覚えがないサイト料金の請求(平成27年6月)

最終通告!?身に覚えがないサイト料金の請求(平成27年6月)

問い合わせ番号:10010-0000-0849 更新日:2017年 6月 20日

最終通告!?身に覚えがないサイト料金の架空請求

 

【相談事例】

突然、最終通告というメールが届いた。「サイト運営業者から依頼を受け、料金滞納の調査をしている。以前、利用した総合サイトの退会手続きがされていないので料金が発生している、至急連絡を。」とあるが、全く身に覚えがない。

【アドバイス】

パソコンや携帯電話に届く根拠のない架空請求メールの相談が寄せられています。これは不特定多数に送りつけていると思われ、身に覚えが無い請求には応じる必要はありません。

特徴は・・・

  1. 最終通告、民事訴訟などの裁判を連想させる言葉で不安をあおる。
  2. サイト名や金額等を明確に示さず、何らかの契約との関連をほのめかす。
  3. 至急連絡をするように書かれている

等です。連絡をすればこちらの電話番号を知られてしまいます。

こちらからは絶対に連絡しないようにしましょう。

このページに関するお問い合わせ先

市民文化部 市民生活課 市民・消費生活相談室
三重県四日市市諏訪町1番5号(本庁舎1F)
電話番号:059-354-8147
FAX番号:059-354-8452

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
情報は役に立ちましたか?