コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ
こにゅうどうくん

トップ > 保健所(市民の方へ) > 感染症・難病など > ウイルス性肝炎 >出産や手術での大量出血などの際のフィブリノゲン製剤・血液凝固第IX因子製剤の投与によりC型肝炎ウイルスに感染された方へ

出産や手術での大量出血などの際のフィブリノゲン製剤・血液凝固第IX因子製剤の投与によりC型肝炎ウイルスに感染された方へ

問い合わせ番号:10010-0000-0999 更新日:2017年 12月 27日

給付金の請求期限が、2023年(令和5年)1月16日までに延長されました

特定C型肝炎ウイルス感染者救済特別措置法の改正に伴い、給付金の請求期限が延長されました(法施行後10年→15年)。

給付金の支給を受けるためには、2023年(令和5年)1月16日までに国を被告とした訴訟の提起等を行う必要があります。
最寄りの弁護士会などにご相談ください。

 

厚生労働省フィブリノゲン製剤等に関する相談窓口

  • フリーダイヤル: 0120-509-002
  • 受付時間: 9時30分 ~ 18時00分 (土・日・祝・年末年始を除く)

独立行政法人医薬品医療機器総合機構
(裁判終了後の給付金の請求手続きのお問い合わせ先)

  • フリーダイヤル: 0120-780-400
  • 受付時間: 9時00分 ~ 17時00分 (土・日・祝・年末年始を除く)
    (※フリーダイヤルは、携帯電話・公衆電話からもご利用いただけます。)

 

関連リンク

このページに関するお問い合わせ先

健康福祉部 保健予防課
四日市市諏訪町2番2号(総合会館4F)
電話番号:059-352-0594
FAX番号:059-351-3304

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
情報は役に立ちましたか?