コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ
こにゅうどうくん

トップ > 市民の方へ > 建築・開発 > 建築 > 建築防災 >違反建築・違反開発の監視、是正

違反建築・違反開発の監視、是正

問い合わせ番号:10010-0000-1659 更新日:2017年 5月 26日

違反建築物を建てると~ルールを守って建築しよう~ 

   ルールを守って建築しよう1  ルールを守って建築しよう2

  ルール違反はみんなの迷惑になるばかりでなく、違反建築物を建てた建築主自身も安心して生活することができない場合があります。

  検査済証の交付を受けていない建築物は、構造上の問題があるかもしれませんし、建築基準法に違反しているかもしれません。

  違反建築物には様々な罰則が適用される場合があります。

  建築基準法は、建築物の安全、防災のための基準等を定めて、安全な建築物と健全なまちづくりを目指したものであり、私たちの生活と密接な関係にあります。

  建築物を建築しようとするときや建売住宅を購入されるときは、十分注意してください。

工事の施工停止・除却・使用禁止などの措置命令が!

  違反建築物の是正に関して、行政指導を無視したり、是正を行わない場合は、工事の施工停止・除却・使用禁止などの行政命令を受けることがあります。

ルールを守って建築しよう3


電気・ガス・水道の供給保留の要請も!
 

  命令を受けた違反建築物には、電気・ガス・水道の各事業者に供給保留を要請する場合があり、是正が行われない限り、供給されないこともあります。 

 

違反建築物のツケは持主に!
ルールを守って建築しよう4 

  違反建築物は近隣に悪影響を与えるばかりでなく、地震や台風などの災害に対して構造上の問題があったり、防災上不備であったりすることが考えられます。 
 

  さらに将来の建替え等の際にいろいろな建築上の制限やトラブルが発生する可能性があります。

  また、違反建築物は、銀行等の融資が受けられないことがあります。

  違反建築物を取得した場合には、新たに建築物の所有者になった人が、自らの費用と責任で違反を是正しなければなりません。

  違反建築物のツケはすべて持主に返ってきます。 
 

設計者・工事監理者・施工業者・不動産業者に対する
措置が!

ルールを守って建築しよう5

 違反建築物に関しては、違反建築物を安易に引き受ける設計者・工事監理者・施工業者・不動産業者も責任が問われ、営業停止・業務停止・許可の取消・免許の取消等の処分が行われることがあります。

 

違反建築防止に向けて!

ルールを守って建築しよう6

 建築物は、それぞれは個々に建築されていますが、その個々の建築物がまちづくりへとつながる大事なものです。それが違反建築であれば良好なまちづくりへとつながるものにはなりません。

  
 違反建築物は持主にとって決して有効な資産でないばかりか、環境やいろいろな面で社会にとっても負の財産になります。

 
 このような違反建築物をなくしルールを守って安全な建築をしましょう。

ルールを守って建築しよう7

このページに関するお問い合わせ先

都市整備部 建築指導課 建築安全係(本庁舎4F)
電話番号:059-354-8207
FAX番号:059-354-8404

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
情報は役に立ちましたか?