コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ
こにゅうどうくん

トップ > 市民の方へ > まちづくり・インフラ > 道路 > お知らせ >落橋防止装置等の品質不良について

落橋防止装置等の品質不良について

問い合わせ番号:10010-0000-1958 更新日:2017年 4月 1日

    国土交通省から発表のあった京都府内の国道24号線勧進橋の落橋防止装置等の溶接不良が確認された事案を踏まえ、この度、四日市市において、久富産業(株)等からの報告を基に調査を行ったところ、久富産業(株)が製作した落橋防止装置等を使用している橋梁(1橋)があることが判明しました。現在、溶接不良の有無について、受注業者に検査を依頼しており、準備が整い次第、検査を行う予定です。

なお、落橋防止装置とは、想定を超えるような大きな地震動により、これらの地震にもある程度耐えるよう設計されている支承などが万一破壊した場合でも、上部構造が落下するような致命的な状態とならないために多重防護(フェイルセーフ)として設置しているものであり、仮に溶接不良となる製品が用いられていた場合でも日常の通行に支障はありません。

このページに関するお問い合わせ先

都市整備部 道路整備課
三重県四日市市諏訪町1番5号(本庁舎6F)
電話番号:059-354-8212
FAX番号:059-354-8057

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
情報は役に立ちましたか?