コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ
こにゅうどうくん

認知症サポーター養成講座

問い合わせ番号:10010-0000-3685 更新日:2019年 5月 17日

認知症サポーターとは

 「認知症サポーター」とは、認知症について正しく理解し、認知症の人やその家族を温かく見守り、支援していただく応援者です。
平成17年度に、厚生労働省と認知症に関わる諸団体が提唱した「認知症を知り、地域をつくるキャンペーン」の一環で、平成21年度までの5年間に、全国で100万人の「認知症サポーター」養成をめざしたことから、取り組みが全国に広がりました。四日市市でも平成17年度からこの事業に取り組んでいます。
平成29年度に厚生労働省が策定した「新オレンジプラン」では、平成32年度末までに1200万人のサポーターの養成を新たな目標としていますが、平成31年3月末現在、「認知症サポーター」は全国で約1100万人に達しており、 四日市市でも、「認知症サポーター」を更に増やして、認知症の人が安心して暮らせるまちづくりをめざしています。

「四日市市認知症サポーター養成講座」の講座内容

内容
  1. 認知症の理解
  2. 認知症の症状
  3. 認知症サポーターのできること など
対象者
市内にお住まいの方
(地域の各種団体、友人の集まり、学校などのグループ)
講座時間
1時間から1時間30分程度
人数
10人程度以上
会場
講座開催者で準備をお願いします。
受講料
無料
講師

キャラバン・メイト

「認知症サポーター養成講座」を実施するための研修を受講した講師(在宅介護支援センター、地域包括支援センター、介護事業所職員等)

注:講座の受講希望者は、高齢福祉課(電話:354-8170、FAX:354-8280)までご連絡ください。

「キャラバンメイト(講師)」の養成

 「キャラバンメイト」とは、「認知症サポーター」を養成するための講座を行う講師です。平成17年度に、介護相談員や在宅介護支援センター職員などを対象に養成を開始し、平成31年3月末現在、在宅介護支援センター職員、地域包括支援センター職員、介護保険サービス事業所職員、民生委員児童委員などを含め、371名の「キャラバンメイト」が登録されています。

「四日市市認知症サポーター養成講座」開催状況

 


 
開催回数
認知症サポーター数
平成18~27年度
567
16,967
平成28年度
61
1,843
平成29年度
92
2,585
平成30年度
102
3,189
合計
822
24,584

 

人口に占めるサポーターの割合等


 
四日市市
人口
311,431
高齢者数
79,823
高齢化率
25.6%
キャラバンメイト数
371
認知症サポーター数
24,584
人口に占める割合(メイト+サポーター)
8.0%
サポーター1人当たり担当高齢者数
3.2
注:四日市市の人口、高齢者数、高齢化率は平成31年4月1日現在の数値

「認知症サポーター養成講座」開催について

  参加ご希望の方は、下記にアクセスしていただき電話又は、FAXにてお申込みお願いします。

 市民向け 

 企業向け

    【共通申込書(PDF/47KB)】(団体・企業向け)

 認知症サポーター養成講座のイメージイラスト   オレンジリボンの写真

 

このページに関するお問い合わせ先

健康福祉部 高齢福祉課
三重県四日市市諏訪町1番5号(本庁舎3F)
電話番号:059-354-8455
FAX番号:059-354-8280

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
情報は役に立ちましたか?