コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ
こにゅうどうくん

トップ > 市民の方へ > 福祉 > 介護保険・高齢者福祉 > 高齢者の福祉 >障害者控除対象者認定書

障害者控除対象者認定書

問い合わせ番号:15356-2214-6670 更新日:2018年 11月 16日

 1.障害者控除とは

  障害者控除とは、所得税にかかる年末調整、確定申告、もしくは市県民税申告の際に、用いることのできる税控除のひとつです。控除される税金の額については、税申告の際の窓口にてご確認ください。

 障害者控除の対象となるのは、身体障害者手帳、精神保健福祉手帳、療育手帳をお持ちの方、または、「障害者控除対象者認定書」を持っている方となります。

 上記の控除対象のうち、介護・高齢福祉課では「障害者控除対象者認定書」の発行を行っています。これは、四日市市においては、65歳以上で要支援・要介護の認定を持っている方のうち、要介護認定情報を基に各税法で定められた「障害者等に準ずるもの」の基準に該当するかによって判断しています。障害者控除対象者認定書は、要介護認定情報を基に判断を下していますが、介護認定と障害者控除の認定の基準は同じものではなく、結果は必ずしも比例するものではありませんので、ご注意ください。

 この認定書は、要介護認定情報を基に各税法で定められた「障害者等に準ずるもの」と認められた場合に発行しており、あくまでも税申告等の際の証明書類に限定してお使いいただくものです。身体障害者手帳・療育手帳・精神保健福祉手帳の交付(要件)を保障するものではありません。

2.発行するには

 障害者控除対象者認定書の発行をご希望の方は申請書をご提出いただくことで、発行することが可能です。

 また、障害者控除対象者認定書は、介護保険の要介護認定、更新、変更申請の際、発行のご希望があった方(申請書の意思確認欄で「希望する」に「☑」チェックをしていただいた場合)には、申請書をご提出いただくことなく、当年の11月初旬~中旬を目途に送付しております。

 その他、介護保険の要介護認定、更新、変更申請の際、発行のご希望があった方で、当年の1月1日以降、お亡くなりになられた方についても、死亡日(資格喪失日)時点で要介護認定の有効期間が存在し、発行要件を満たす場合は、認定書を送付しております。

3.使用するには

 所得税にかかる年末調整、確定申告、市県民税申告の際に、各種申告書類等に添付してご利用ください。なお、控除を受けることができるのは、「認定書」の対象者自身、または「認定書」の対象者を控除対象配偶者や扶養親族として申告する場合です。

 詳細につきましては、税申告の際に窓口にてご確認くださいますようお願い申し上げます。

 

 障害者控除対象者認定書交付申請書(PDF/113KB)

【記入例】障害者控除対象者認定書交付申請書(PDF/173KB)

 

お問い合わせ先:四日市市役所 介護・高齢福祉課 高齢福祉係 電話059-354-8170

このページに関するお問い合わせ先

健康福祉部 高齢福祉課
三重県四日市市諏訪町1番5号(本庁舎3F)
電話番号:059-354-8455
FAX番号:059-354-8280

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
情報は役に立ちましたか?