コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ
こにゅうどうくん

トップ > 市政全般 > 広報 > 記者発表・会議案内 > 定例記者会見資料・要旨 > 平成30年度 >平成30年10月09日 記者会見資料 霞ケ浦テニスコート(四日市テニスセンター)オープンイベント開催について

平成30年10月09日 記者会見資料 霞ケ浦テニスコート(四日市テニスセンター)オープンイベント開催について

問い合わせ番号:15385-3932-8531 更新日:2018年 10月 11日

 本年5月に完成し、夏には全国高等学校総合体育大会で熱戦が繰り広げられた霞ケ浦テニスコート(四日市テニスセンター)において、今秋開催されるイベント、大会についてお知らせします。

1 トッププレーヤーによるテニスレッスン会
 本市の観光大使で(公財)日本テニス協会専務理事の福井烈(ふくい つよし)さんと、本市出身の観光大使でアテネパラリンピック車いすテニス金メダリストの齋田悟司(さいだ さとし)さんを講師に招き、テニスレッスン会を実施します。
(1)主催 四日市市
(2)協力 四日市テニス協会
(3)日時 平成30年10月14日(日) 10:00から
(4)会場 霞ケ浦テニスコート(四日市テニスセンター)
(5)スケジュール
10:00 開会式
10:15 エキシビションマッチ
注:試合形式はニューミックスダブルスにて、福井さん&地元の車いすテニスプレーヤー VS 齋田さん&地元の高校生テニスプレーヤー
10:30 テニス・車いすテニスレッスン
12:00 閉会式
(6)参加者 
四日市テニス協会加盟の小中高生および成人女性50人程度
県内外の車いすテニス競技者20人程度
注:このほか、当日若干名の参加を受け付けます

<講師プロフィール>
○福井 烈(ふくい つよし) 元プロテニスプレーヤー
1957年6月22日生まれ。福岡県北九州市出身。
小学校5年生の頃、兄 雄二氏の影響でテニスを始める。本格的に取り組んだ中学より優れた才能をあらわし、名門柳川商業高校(現柳川高校)時代は、インターハイ3連覇を含む169連勝という記録をうちたてた。その後2年間アメリカ留学、帰国後は学生タイトルを総嘗めにし、1977年史上最年少(当時)の20歳で全日本のチャンピオンとなる。続けて78年、79年3連覇の偉業を達成し、華々しくプロテニス界にデビュー。正確なストロークと軽快なフットワークでベースラインを守り、チャンスを見てはネットに出るオールラウンドプレーヤーとして活躍し輝かしい戦績を収めた。92年より5年間デビスカップ監督を務め、その後(公財)日本テニス協会専務理事、JOC(日本オリンピック委員会)常務理事に就任。現在は「スポーツは人の心を動かし、国を元気にする!」をモットーに、全国各地のスポーツイベントに奔走し、テニスはもとより多くの人にスポーツの楽しさを味わってもらうべく奮闘中。

○齋田 悟司(さいだ さとし) 車いすテニスプレイヤー
1972年3月26日生まれ、四日市市出身。株式会社シグマクシス所属。
12歳の時に骨肉腫により左下肢を切断、車いす生活に。14歳で車いすテニスを始める。1996年のアトランタ大会から5大会連続でパラリンピックに出場。2004年のアテネ大会では男子ダブルスで金メダル、2008年の北京大会では男子ダブルスで銅メダルを獲得。また2003年には、国際テニス連盟(ITF)が選出する「世界車いすテニスプレイヤー賞」を日本人選手として初めて受賞するなど、日本の車いすテニスのパイオニアであり、トッププレイヤー。

2 2018 ダンロップ ロード ツー オーストラリアンオープン イン 四日市

 (2018 DUNLOP ROAD TO AUSTRALIAN OPEN IN YOKKAICHI)

 東アジアを中心としたアジア各国の16歳以下のトップ選手が参加するテニスの国際大会が開催され、優勝者に与えられる2019年「全豪オープンジュニア」の予選ワイルドカード獲得を目指して日本ジュニア選手が試合に挑みます。
 霞ケ浦テニスコート(四日市テニスセンター)はオーストラリア記念館(シドニー港と四日市港の姉妹港提携のシンボルとして日本万国博覧会(大阪万博)から移設)の跡地に本年5月に完成したものであり、この地が新たなオーストラリアとの懸け橋となることを期待しています。
(1)主催 住友ゴム工業株式会社
(2)共催 公益財団法人日本テニス協会
(3)公認 オーストラリアテニス協会(TA)
(4)後援 四日市市、特定非営利活動法人四日市市体育協会
(5)運営主管 三重県テニス協会、四日市テニス協会
(6)日程 平成30年11月6日(火)から9日(金)(6日の9:00よりウェルカムセレモニー)
(7)会場 霞ケ浦テニスコート(四日市テニスセンター)
(8)参加者 
男子:各国16歳以下のジュニア選手2名の計12~16名
女子:各国16歳以下のジュニア選手2名の計12~16名

■問合わせ先■
スポーツ・国体推進部 国体推進課(担当:大本、加藤)
TEL059‐354‐8367(内線2748)FAX059-354-8338

このページに関するお問い合わせ先

スポーツ・国体推進部 国体推進課
三重県四日市市諏訪町1番5号(本庁舎9F)
電話番号:059-354-8367

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
情報は役に立ちましたか?