コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ
こにゅうどうくん

トップ > 市民の方へ > 安心安全 > 新型コロナウイルス感染症関連情報 >【新型コロナウイルス感染症防止対策】自治会等の各種団体が開催する総会等への対応について

トップ > 市民の方へ > 市民協働・市民活動 >【新型コロナウイルス感染症防止対策】自治会等の各種団体が開催する総会等への対応について

【新型コロナウイルス感染症防止対策】自治会等の各種団体が開催する総会等への対応について

問い合わせ番号:15838-3237-8494 更新日:2021年 3月 17日

 

新型コロナウイルス感染症防止対策

自治会等の各種団体が開催する総会等への対応について

新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受け、自治会等の各種団体における総会の開催が困難な場合が想定されます。集団感染を避けるため、一度に多数の人が集まらずに総会を行う方法として、「書面表決」や「委任状」により対応できる場合もあります。

各自治会の状況に応じた方法をご検討ください。掲載されている参考書式については、必要に応じて修正のうえご利用ください。

書面表決

総会に出席せずに書面で議決権を行使する方法です。

<書面表決の進め方>

書面表決の進め方について一例をご案内します。

  1. 「総会開催(書面表決)のお知らせ」、「総会資料(議案)」、「書面表決書」を自治会会員に配付する。
  2. 会員から「書面表決書」を提出してもらう。
  3. 「書面表決書」を集計する。
  4. 総会(書面表決)を開催する。
  5. 「書面表決結果」を作成し、回覧等で結果を会員にお知らせする
 参考書式

書面表決書について、認可地縁団体(法人格を取得している自治会)は、通常、同居世帯の中の各個人が構成員になっていますので、下記の書式を参考にしてください。

 委任状の活用

自治会員から委任状の提出を受け、役員等のみの少人数で開催する方法です。

会則にて委任状の定めがある場合、委任状を活用して、参加者の人数を最小限にとどめることもひとつの方法として考えられます。なお、複数の方が集まって開催する場合は感染防止対策への配慮をお願いいたします。

新型コロナウイルス感染症の拡大に伴う認可地縁団体における総会等の開催方法の取扱いについて【参考】

総務省から新型コロナウイルス感染症の拡大に伴う認可地縁団体における総会等の開催方法の取扱いについて通知がありますので、お知らせします。

 

このページに関するお問い合わせ先

市民生活部 市民生活課
三重県四日市市諏訪町1番5号(本庁舎5F)
電話番号:059-354-8146
FAX番号:059-354-8316

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
情報は役に立ちましたか?