コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ
こにゅうどうくん

トップ > 市政全般 > 広報 > 記者発表・会議案内 > 定例記者会見資料・要旨 > 令和2年度 >令和02年05月22日 定例記者会見資料 「四日市市と株式会社FIXERとの高度IT人材育成にかかる連携協定」締結式の開催について

令和02年05月22日 定例記者会見資料 「四日市市と株式会社FIXERとの高度IT人材育成にかかる連携協定」締結式の開催について

問い合わせ番号:15900-4257-4125 更新日:2020年 5月 26日

 四日市市と株式会社FIXERは、市内企業におけるAI、IoT等の新技術の活用を促進するとともに、市内企業における人材不足の解消、テレワークなど多様な働き方の推進やDX(デジタルトランスフォーメーション)の実行を支える人材の育成に繋げるため、「四日市市と株式会社FIXERとの高度IT人材育成にかかる連携協定」を締結します。

1. 協定締結式
(1)日時
令和2年5月22日(金)11時30分~(予定)
定例記者会見終了後に行います。
(2)場所
四日市市役所8階 来賓応接室
(3)締結者
株式会社FIXER 代表取締役社長 松岡 清一
四日市市長 森 智広 
(4)内容
協定書への署名、質疑応答
 

2. 連携協定の内容
(1) 求職者等の高度IT技術の習得に関すること
(2) 本市の産業振興に資する高度なIT人材の育成に関すること
(3) その他目的を達成するために必要なこと

3. 株式会社FIXERについて
 クラウドの導入・設計から24時間365日の運用、監視・保守までを一貫して提供し、各種クラウドソリューションを提供している。令和元年6月に、三重県の拠点を四日市市に移し、令和2年2月には、子ども向けプログラミングやエンジニア育成を目的とした講義を提供する、FIXERクラウドAIスクール四日市を開校した。また、第19回テレワーク推進賞優秀賞(一般社団法人日本テレワーク協会)の受賞や、港区ワーク・ライフ・バランス推進企業(東京都港区)に認定されるなど、ICTを活用した従業員の仕事と家庭の両立支援にも取り組んでいる。

4.その他用語について
(1)高度IT人材
  高度なIT人材とは、高度なIT技術(主にクラウドサービスやAI等を利用し、付加価値の創出や革新的な効率化等により生産性向上等に寄与できるアプリケーションやサービス開発、情報システム構築を対象分野とする技術のこと)を十分に活用できる人材のこと。
(2)DX(デジタルトランスフォーメーション)
  DX(デジタルトランスフォーメーション)とは、企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデジタル技術を活用して、顧客や社会のニーズを基に、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務そのものや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を確立すること。(経済産業省:デジタルトランスフォーメーションを推進するためのガイドライン(DX 推進ガイドライン)Ver. 1.0より引用)
 

【事務担当】
商工農水部 商工課
勤労係 小宮、堀江
工業振興係 樋口
電話059-354-8417 FAX 059-354-8307
 

このページに関するお問い合わせ先

商工農水部 商工課
三重県四日市市諏訪町1番5号(本庁舎7F)
電話番号:059-354-8417
FAX番号:059-354-8307

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
情報は役に立ちましたか?