コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ
こにゅうどうくん

トップ > 市民の方へ > まちづくり・インフラ > まちづくり >宿泊施設の整備に着目した容積率緩和方針について

トップ > 市政全般 > 各種計画 > まちづくり・インフラ >宿泊施設の整備に着目した容積率緩和方針について

宿泊施設の整備に着目した容積率緩和方針について

問い合わせ番号:15985-2047-8105 更新日:2020年 9月 1日

 平成28年6月に国土交通省より観光立国の推進に寄与する宿泊施設の整備促進に向けた取り組みとして、宿泊施設の整備に着目した容積率緩和制度が創設されました。

宿泊施設の整備に着目した容積率緩和制度の創設(国土交通省ホームページ)

 四日市市においては、観光資源や市民・事業者・行政によるおもてなしにより、多くの人が訪れるまちを目指し、本市に滞在してもらえるような仕組みづくりや環境整備に取り組んでいます。
 本市への来訪客数は増加傾向にあり、宿泊施設においては稼働率が高い状態が続いています。今後、東京-名古屋間のリニア中央新幹線の開通により、交通の利便性が飛躍的に向上する中で、都市機能の一つとして、良質な宿泊施設を誘導することは、交流人口の増加や地域経済の活性化に寄与することになります。
 そのため、良質な宿泊施設の整備を促進することを目的として、宿泊施設の整備に着目した容積率緩和方針を以下のとおり定めます。(関連ファイル参照)

関連ファイル

PDFファイルをご覧いただくには、Acrobat Reader DCが必要です。

Acrobat Reader DCをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

都市整備部 都市計画課                                   三重県四日市市諏訪町1番5号(本庁舎4F)
電話番号:059-354-8272
FAX番号:059-354-8404

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
情報は役に立ちましたか?