コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ
こにゅうどうくん

工場立地法の届出

問い合わせ番号:10010-0000-1384 更新日:2020年 4月 10日

工場立地法の概要

 工場立地が、環境保全を図りつつ適正に行われるようにするため、工場立地に関する調査の実施、工場立地に関する準則の公表及びこれらに基づく勧告、命令等を行い、これらを通じて国民経済の健全な発展と国民の福祉に寄与することを目的としたものです。

届出対象工場(特定工場)

(1)業種:製造業、電気・ガス・熱供給業(水力、地熱、太陽光発電所は除く)
(2)規模:敷地面積9,000平方メートル以上又は建築面積3,000平方メートル以上のもの

規制内容

生産施設面積規制

 工場敷地面積に対する生産施設面積の割合について、業種により上限が定められています。(下記PDFファイルを参照ください)
    生産施設面積率の基準(PDF/10KB)

【生産施設とは・・・】
 物品の製造施設、加工修正施設等(下記の1又は2に該当するもの)を指します。

  1. 製造業における物品の製造工程、電気供給業における発電工程、ガス供給業におけるガス製造工程又は熱供給業における熱発生工程を形成する機械又は装置(次において「製造工程等形成施設」)が設置される建築物
  2. 製造工程等形成施設で前号の建築物の外に設置されるもの

緑地面積・環境施設面積規制

 四日市市工場立地法市準則条例(令和2年4月1日施行)の制定により、工場敷地内に設ける緑地面積及び環境施設面積の割合が変更となっています。

工場敷地面積に対する緑地面積・環境施設面積の最低限必要な割合があります。
【緑地面積率・環境施設面積率の基準】

 

工業地域・工業専用地域

左記以外

 緑地面積率

10%

20%

 環境施設面積率

15%

25%



【緑地とは・・・】
 緑地等(下記の1又は2に該当するもの)を指します。

  1. 樹木が生育する土地等であって工場又は事業場の周辺の地域の生活環境の保持に寄与するもの
  2. 低木、芝、その他の地被植物


【環境施設とは・・・】
 緑地及びこれに類する施設で工場又は事業場の周辺の地域の生活環境の保持に寄与する施設(下記のいずれかに該当するもの)を指します。

  1. 噴水、水流、池その他の修景施設
  2. 屋外運動場
  3. 広場
  4. 屋内運動場
  5. 教養文化施設
  6. 雨水浸透施設
  7. 太陽光発電施設 等

届出について

工場を新設等する際に、生産施設の面積や緑地の整備状況について、届出をする必要があります。
なお、届出が受理された日から90日間は工事に着手してはならないことになっています。

届出の種類と様式のダウンロード

使用する様式

届出内容

ダウンロード

特定工場新設届出書
(工場立地法第6条第1項)

  • 特定工場の新設(敷地面積若しくは建築面積を増加し又は既存の施設の用途を変更することにより特定工場となる場合を含む)する場合
  • 既存工場が始めて届出をする場合

様式第1(Word/199KB)

特定工場変更届出書
(工場立地法第8条第1項)

  • 新設の届出事項に係る変更をする場合
    (軽微なものを除く)

様式第2(Word/192KB)

氏名(名称、住所)変更届出書
(法第12条第1項)

  • 氏名、名称又は住所を変更した場合

様式例第4(Word/32KB)

特定工場承継届出書
(法第13条第3項)

  • 譲渡、借受、相続又は合併により届出者の地位を承継した場合

様式例第5(Word/33KB)

特定工場廃止届出書

  • 特定工場を廃止する場合

様式例第6(Word/32KB)

届出部数

各種届出:2部ご提出ください。

このページに関するお問い合わせ先

商工農水部 商工課
三重県四日市市諏訪町1番5号(本庁舎7F)
電話番号:059-354-8417
FAX番号:059-354-8307

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
情報は役に立ちましたか?