コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ
こにゅうどうくん

特定外来生物「ヒアリ」について

問い合わせ番号:14999-0280-5795 更新日:2019年 12月 27日

1. ヒアリとは

  ヒアリは南米中部原産のアリですが、現在はアメリカをはじめ環太平洋諸国にて生息していま
 す。日本では、外来生物法により「特定外来生物」に指定されており、平成29年5月26日に兵
 庫県尼崎市において、国内で初めて確認されました。
 今年10月に東京湾で女王アリを含む多数のヒアリが発見されたことにより、環境省が全国54
 港湾を対象に緊急的な追加調査が実施されました。11月21日に四日市港で調査した結果、
 霞ヶ浦北ふ頭(W80コンテナターミナル)でヒアリが発見されました。 
 その後、約1か月の間、ヒアリが発見された場所付近(霞ヶ浦北ふ頭W80コンテナターミナル)においてベイト剤(殺虫餌)の設置による駆除と粘着トラップおよび目視による生息状況調査が実施され、新たなヒアリがいないことを確認しました。

 また、環境省により、ヒアリが発見された場所から周囲2km程度の範囲において、粘着トラップおよび目視による生息状況調査が実施されましたが、新たなヒアリは発見されませんでした。
 今後、環境省による同様の生息状況調査が令和2年度および令和3年度にそれぞれ2回実施される予定です。

 

2. 特徴
 ヒアリ

   ヒアリ(出典:環境省)
  ・体長2.5mm~6.0mm
  ・全体的に赤茶色で、腹部は黒っぽい濃い赤色
  ・直径25cmから60cm、高さ15cmから50cm程度のドーム状のアリ塚を形成

   
環境省パンフレット「ストップ ザ ヒアリ」
 
 

3. 見つけた場合

  万が一、ヒアリと思われるアリを見つけた場合は強い毒を持つため触らないでください。市販の
 アリ用殺虫剤で駆除は可能ですが、刺激せずに市役所環境保全課(059-354-8188)か三重県四
 日市農林事務所(059-352-0655)、もしくは中部環境事務所(052-955-2139)までご連絡ください。
 
 

4. 刺された場合

  もし刺された場合、20~30分程度は安静にし、体調の変化がないか注意してください。
  様態が急変したときは、救急車を呼ぶなどしてすぐに医療機関を受診し、「アリに刺されたこ
 と」、「アナフィラキシーの可能性があること」を伝えてください。
 
5.環境省報道発表資料四日市港におけるヒアリの確認について」(令和元年11月25日) 

6. 関連リンク

  ■ ヒアリに関する諸情報について(環境省)
  ■ 特定外来生物「ヒアリ」等に関する情報(三重県)

このページに関するお問い合わせ先

環境部 環境保全課
三重県四日市市諏訪町1番5号(本庁舎5F)
電話番号:059-354-8188
FAX番号:059-354-4412

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
情報は役に立ちましたか?