コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ
こにゅうどうくん

在宅福祉サービス

問い合わせ番号:15047-4973-2943 更新日:2019年 6月 7日

ひとり暮らしなど要援護高齢者に提供するサービス

  1. 訪問給食事業
    心身の障害等で調理が困難な65歳以上のひとり暮らし高齢者、または同居する家族がいても、家族全員が調理困難で見守りが必要な世帯の高齢者などを対象に、お近くの在宅介護支援センターから、月~土曜日まで昼食・夕食を配食します。
    ●費用:1食655円(うち155円は市が負担、自己負担は500円)
     
  2. 緊急通報システム事業
    65歳以上のひとり暮らし高齢者や高齢者のみの世帯で、高血圧症や心臓疾患等で突発的助けが必要となるおそれのある人を対象に、緊急通報装置を貸与します。ただし、前年分所得税非課税世帯に限られます。
    ●費用:緊急通報装置の費用は無料ですが、付随する電話の基本料、通話料等は自己負担
     
  3. 日常生活用具の給付
    65歳以上のひとり暮らし高齢者等に対し、日常生活の便宜を図るため、下記の用具を支給します。ただし、所得制限があります。
    ●支給する用具:火災報知器、自動消火器、電磁調理器
     
  4. 養護老人ホームでのショートステイ
    身の回りのことが自分でできるおおむね65歳以上のひとり暮らし高齢者などで、環境上の理由などにより、一時的に自宅での生活継続が困難となったときに、養護老人ホームに短期入所することができます。
    ●施設:寿楽陽光苑(四日市市大字泊村1050-13)
    ●内容:1か月あたり7日程度のショートステイ
    ●費用:1日あたり1,760円

家族介護を支援するサービス

  1. おむつ等支援事業
    在宅で常時おむつ等を使用している人を対象に、おむつ等に要する経費の一部を補助します。
    ●対象者:要介護3以上の認定を受けた人で、常時おむつ等が必要な人。
     ただし、施設等に入所・入居したり、入院した場合には支給中止となります。
    ●支給内容:1か月ごとに6,500円を限度として、おむつ等引換券を支給します。
    ●利用方法:おむつ取扱店での販売価格で、希望するおむつ等と引き換えることができます
    が、引換券の取扱いができないところもありますので、ご了承ください。
    注:おむつ引換券での購入分については、確定申告の医療費控除の対象にはなりません。

    四日市市高齢者おむつ等支援申請書(ダウンロード)(PDF/105KB)

     
  2. 徘徊高齢者家族介護支援サービス事業
    認知症により徘徊した高齢者を早期に発見できるシステムを利用するための機器購入費、契約費等を補助することで、事故の防止を図り、家族が安心して介護できるよう支援します。
    ただし、認知症で徘徊する(おそれのある)高齢者等で市民税非課税の人を介護する人に限られます。
    ●補助金額:機器購入費契約費用(毎月の利用料、検索料、修繕費等は含まない)で、上限
     19,000円。原則1回限り
     
  3. 家族介護慰労事業
    要介護4以上の高齢者を在宅で介護している市民税非課税世帯の家族を対象に、1年間、介護保険サービスを利用せず、入院・入所もなかった場合(1週間程度の短期入所サービスの利用および医療機関等への入院を除く)、介護慰労金を支給します。
    ●慰労金:10万円

    四日市市家族介護慰労金申請書(PDF/102KB)
    四日市市家族介護慰労金申請書記入例(PDF/125KB)

     
  4. 重度ALS患者入院時コミュニケーション支援事業(申請書)
    意志の疎通が困難な重度ALS(筋萎縮性側索硬化症)患者が入院した場合に、本人のコミュニケーションに熟知している支援者(ホームヘルパー等)を派遣し、医療機関のスタッフ等との円滑なコミュニケーションが行えるよう支援します。
    ●支援費用:1時間あたり1,600円の9割の派遣費用を支給します。ただし、1日8時間、1回の
     入院につき14日間を限度とします。

 

このページに関するお問い合わせ先

健康福祉部 高齢福祉課
三重県四日市市諏訪町1番5号(本庁舎3F)
電話番号:059-354-8455
FAX番号:059-354-8280

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
情報は役に立ちましたか?