コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ
こにゅうどうくん

トップ > 市民の方へ > 建築・開発 > 建築 > 建築防災 > 補助金・支援制度 >木造住宅の耐震・補助制度について

木造住宅の耐震・補助制度について

問い合わせ番号:15174-7423-1808 更新日:2024年 1月 4日

お知らせ

 令和5年度木造住宅耐震補助事業について受付を終了しました。
 なお、来年度も継続して事業の実施を予定しておりますので、補助制度の活用をお考えの場合は事前にご相談ください。

 詳しくは、下記お問い合わせ先までご連絡ください。

  

木造住宅の耐震化を進めましょう

 昨今、南海トラフ地震がいつ発生してもおかしくないと言われており、木造住宅については特に倒壊の恐れについて危惧されているところです。

 四日市市では、昭和56年5月31日以前に着工された木造住宅のうち、耐震診断の結果「倒壊する可能性が高い」もしくは「倒壊する可能性がある」となった木造住宅に対し、補助制度を設けています。

 まずは無料耐震診断を受けましょう。

 ※診断結果が出るまでに、申込みから約3か月かかります。補助制度を活用される方は、早急に診断申込みを行ってください。
 ※予算の都合上、年度内であっても申請受付を終了する場合がありますので、ご了承ください。

 

補助制度の流れ

  ・耐震補強したい方→補強工事費等補助制度(補強工事費補助) 
  ・解体したい方→補強工事費等補助制度(除却工事費補助) 

 

補強工事費等補助制度(補強工事費補助)  

  ■無料耐震診断
     ↓
  ■補強計画費補助制度(補強工事の補助を活用する場合、必ず必要となります。)
     ↓
  ■補強工事費等補助制度(補強工事費補助)

   ※詳細は各ページをご覧ください。
   ※一定の要件を満たす住宅耐震補強工事を実施した場合、所得税や固定資産税の特例措置があります。特例措置の詳しい内容については、国土交通省のホームページをご覧ください。
    国土交通省ホームページ(外部リンク)

   ・補助事業を活用して耐震補強を行った方は、工事内容の証明を行いますので、
    住宅耐震改修証明申請書(Word/44KB)を提出してください。

   ・固定資産税の減額については資産税課へお問い合わせください。
    住宅耐震改修に伴う住宅に対する減額措置について
      資産税課 家屋係:059-354-8134

    ・所得税の控除についてはお住いの管轄税務署へお問い合わせください。
     耐震改修工事をした場合(住宅耐震改修特別控除)(外部リンク)
       四日市市内に在住の方 四日市税務署:059-352-3141

 

補強工事費等補助制度(除却工事費補助)  

  ■無料耐震診断
     ↓
  ■補強工事費等補助制度(除却工事費補助)

   ※詳細は各ページをご覧ください。

 

参考:補助制度の活用例

■令和3年4月1日以降に市の補助を受け、耐震補強計画を行った住宅
 R3.4以降の耐震計画版

■令和3年3月31日までに市の補助を受け、耐震補強計画を行った住宅については、補強工事補助金額が異なるため、該当される方は、下記お問い合わせ先までご連絡ください。

 

昭和56年6月以降に建築された木造住宅について

 当該建物について、無料耐震診断や補助制度の対象にはなりませんが、無料耐震診断と同等の診断を受けることができます(有料)。詳しくは特定非営利活動法人 三重県木造住宅耐震促進協議会(外部リンク)(TEL:059-246-7131)にお問い合わせください。

  また、昭和56年6月~平成12年5月31日に建築された木造住宅についてもご覧ください。

 

関連ファイル

PDFファイルをご覧いただくには、Acrobat Reader DCが必要です。

Acrobat Reader DCをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

都市整備部 建築指導課 建築安全係(本庁舎4F)
電話番号:059-354-8207
FAX番号:059-354-8404

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
情報は役に立ちましたか?